◆催し物・イベント情報◆

 

2019年の夏まつりは  8/29

 

8月24日(土)に実施しました。

第13回を迎えた夏まつりも無事終了しました。

午前の準備中は猛暑となり、午後のまつりに熱中症など出ることが心配されましたが、午後になると短時間ながらもにわか雨があり、涼しさも感じる中でまつりを行いました。

総計で12,000名を超える多くのお客様に来ていただき盛況にできました。

 

まつりの幕開けは恒例の「アユのつかみ取り」で開始され、子供たちも元気にアユを掴まえては塩焼きされたアユと交換し美味しく頬張っていました。

ブレッキーとのバスケシュートではゴールの度にハイタッチし賞品を貰い楽しんでいました。

 

午後4時からの開会式には多数のご来賓の方を迎え、市長(代読)・県議員・市議員からご挨拶を頂きながら盛会裏に行いました。

 

その後の催しには童の和太鼓、瑞穂野保育園、瑞北小、瑞南小、瑞台小それぞれから遊戯や踊り、また地区諸団体からの空手演技・よさこい踊りなど多くが披露され、観客から大きな拍手・喝采を受けていました。

 

夕刻7時からはまつりのハイライトである打上げ花火が始まり、約1000発を超える花火が夜空を照らしました。お客様は真上に上がる花火を芝生に寝転んで見物する人や、またイスに座り首を直角に曲げての見物で首が疲れたと言う人などそれぞれのスタイルで花火を楽しみました。

この花火は個人の方々や近隣の企業様からの協賛金で賄われています。個人の方からはメッセージもいただきご紹介しています。ぜひ皆さまからの協賛金にご協力を頂けますようお願い致します。

 

会場では地元団体から模擬店も多数(計18店)出店頂き、飲食品や玩具類の販売に長蛇の列ができる盛況となりました

 

お蔭さまで今年も大きな問題なく催すことができました。これもご協力いただいた方々のおかげと感謝しております。特に消防・警察の方や地元ボランティアの防犯にご尽力頂いた方々ありがとうございました。

 

 

 

まつりのスナップ写真は次のページ